そーさくびより ( はてブロ版 )

『そーさくびより』は本家が別にありますが、はてブロでは雑記をメインに書いて行こうとおもいます。

ランニングのいい事まとめ

趣味が増える

ランニングを趣味に出来て、良い印象を与える趣味として人に堂々という事ができます。

 

話題が増える

「お、お前走ってんの?」「どのくらい走ってんの?」「靴は?」なんて話ができるようになります。

効率よく痩せる為には多少の筋肉トークは避けられず、筋肉に対して少し知識が増します。

また「ビルドアップランはいいぞ」「スローランがいいぞ」とか専門用語を覚えたりできます。

 

仲間が増える

運動習慣を持つ仲間が増えます。

そして運動習慣を持つ人は豊かな人が多い傾向にあるので、そこで上手く信頼関係を築くと良好な人脈が広がります。

運動習慣の接点が有るので、それを理由に一緒にボルダリングジムへ行くなんて事もできますよ。

僕はランニングですが。

 

友達も増える

「標準体型の人は自己管理が出来ている証」という考えを持つタイプの少し意識が高い友人が増えたりします。決して悪い人ではありません。根は良い人である事が多いです。

上手く付き合うとよきアドバイザーになってくれます。

 

行動範囲が増える

僕の場合かもしれませんが、自分でランニングコースを開拓しました。

昨日はあの道を走ったから、今日はこっちの道を走ろうとか、少し離れたスーパーまで走って夕飯のお惣菜を買ってみたり。

ランニングアプリに写真を投稿する為に景勝地を探して経由するルートを調べたり、地図を見るのが楽しくなります。

元々お散歩が好きで、写真を撮るのも好きなので、ランニングとの相性が良く、そして話題も増えるのです。

パン屋さんを探して走ってみるとかね。

 

ダッシュ後に疲れない

駅の電光掲示板の時刻表を見て「やばい乗り遅れるー!」なんて改札からホームへ走ってみたり、バス停直前で信号待ちをしているバスに乗るために競争してみるとか、駅の改札から会社へ向かって「いっけなーい遅刻遅刻!」なんて全力ダッシュした後のあの疲労感わかりますか?

あの疲労感がなくなります。

すごくないですか?

 

美容に良い

ベタついた汗は老廃物です。そして痩せれば外見も変わりボディラインも顔の輪郭さえも変わります。

自分が写真に写る事に抵抗が減ります。

今まで横を向いたり、斜めを向いたり、自分なりの綺麗ポーズを思考して撮っていたのが、それほど気にしなくても良いようになります。

 

行ける場所が増える

海、プールや温泉で人前に姿を出せるようになります。

ついでに健康診断とかで体重計に乗る事に恐怖なんて無くなるし、お腹周りにメジャーを巻かれてもかまわない!

血液検査も尿検査も怖くありません。

結果は去年より良い値です。

 

ファッションで遊べる

着れる服の幅が広がります!

僕は相変わらずダボダボの服を着続けていたので職場の女性陣が耐えられなくなり、コーディネートしてくれました。

穿けなかったズボンが穿けるとか、洋服のサイズがワンランク下がるとか凄い快感ですよ!

 

歩数計アプリのポイントが溜まる

歩数計アプリには歩数に応じてスタンプやポイントが付与される物があります。

そのスタンプやポイントを消費してドリンク等と交換できたりします。

抽選の場合があるのですが、そもそも無料なのでただ日常的に走ってるだけで無料でドリンクを得る可能性があるのはラッキーですよね!

 

睡眠の質が上がる

中々眠りにつけないとか、朝起きてもなんかパッとしない……なんて事がなくなります。

寝床に着けばスッと眠りに入り、起きた時に体の倦怠感はなく、しかも体重計の数値は減っている。

もう朝からハッピーですよね!

 

基礎代謝が上がる

代謝が上がると痩せるスピードが増すんです。

そして好きな物を食べれる!

おやつを食べても運動習慣があれば罪悪感が有りません。

 

リバウンドしにくい

炭水化物制限とか糖質制限は永続的に制限するのが前提なので、ダイエットが完了してから食生活を戻すと当たり前のようにリバウンドします。

しかし運動習慣をつけた場合は中断しても、そもそも基礎代謝が上がっているので太りにくく、太ってもマッスルメモリーという概念があるので痩せやすい特徴があります。

 

生涯医療費が減る

運動習慣が付くと健康になります。肥満や運動不足から影響を受ける病気に掛かる可能性が減るという事は生涯掛かる医療費や、自分が自由に過ごせる寿命が増えるという事です。

 

自信を持てる

いつ、どのくらい走る。そして走りきる。

運動習慣が身に着くと、自分で課した目標を達成する事が習慣化され、自分を信用できるようになります。

「明日も走ろう」と考えて、当然のように走る。走りたいと思った時に当たり前のように走れる。

自分を信じれるようになり、自信を持てるのです。

 

無料で始められる

自分のペースで続けられ、いつでも辞められます。

最初に道具を揃える必要がなく、普段穿きなれている靴で数百メートル走る事から始めれば充分です。

需要な事は始める事。始める為のハードルを高めてはいけません。

僕も最初はスニーカーで300メートル走る事から始めましたよ。

仕事帰りに帰宅して、着替えずにそのまま再び家を発ち、近所のスーパーまでの一区間だけ走るイメージです。それだけでも50kcalは燃えるんです。

 

ランニングのデメリットがあるとすれば、走りながら出来る生産活動が少ない事です。

ラジオを聞いて流行を知るとか、リスニング学習するのが良いかもしれません。

でも自然の音を聞きながらリラックスしたり、瞑想しながら閃いたりするのも有意義ですよ。

 

さあ、あなたも走りましょう!